薬剤師を採用するところについて

薬剤師求人を出して採用しようとするところは、この10年ほどの間にかなり多くなってきたのではないか、という印象を受けます。
それというのも、まずドラッグストアで第一類医薬品という薬剤師でないと販売できない医薬品を取り扱うようになり、必ず最低一人はどこの店舗にも置かなければならなくなりました。
また、これまでは医療機関を受診するとそこで診察をしてもらい、薬も出してもらうことができましたが、今ではすっかり診察と薬の処方は別、という考え方、いわゆる医薬分業がすすみました。
今では薬は診察を受けたあと、近くにある調剤薬局に行って出してもらうことが当たり前になっています。
とはいうものの病院の中にも薬局はあり、そこで薬剤師が処方することもありますから、病院に勤務する薬剤師の数は減ったとはいえ、まったくなくなったわけではありません。
それを考えると、これまでは病院勤務か、個人で薬局を開店して薬を取り扱うかのどちらかという選択肢だった薬剤師の仕事場も、選択の幅が広がったと言ってよいと思います。
逆に個人の開業する薬局は大手のドラッグストアの品ぞろえと価格の安さに押されてどんどん閉店に追い込まれていますから、その代わりの選択肢を選ぶことになったといえます。
人と接することが好きな人なら、ドラッグストアのようなたくさんの人が買い物に来るところに応募すれば、採用される可能性が高くなるでしょう。
逆にあまり愛想のいい接客ができない性格であれば、病院などで生真面目に仕事をするのが向いていると思われることから、医療機関で採用される可能性が高まるのではないでしょうか。
薬の知識については国家資格に合格しているだけあって、誰もが甲乙つけがたい力を持っているでしょうが、患者によい印象を与えられるかどうかはその薬剤師本人の対応力にかかっていると言ってよいでしょう。
薬剤師求人に応募して採用されるには、薬剤師自身が自分がどの場所に向いているかを知らないといけないと言えるかもしれません。